トロフィーはサッカーなどの表彰に最適です

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人は長い人生の中で何度か表彰経験があるのではないでしょうか。サッカーや野球などの部活や、地域の自治会や同好会の小規模なものから国や県レベルの大規模なものまで表彰内容は多岐に亘ります。受賞する機会としては、各種スポーツ大会や文化事業、レジャーやコンテストなどの催し物、卒業や退職、功労や栄誉など人生の中で多種多様なイベントにおいて受賞機会があります。表彰の形態としても団体受賞と個人受賞とがあり、また大会での優勝者だけに貰えるものや、永年勤続など何十年もの努力の積み重ねに対して貰えるものなど様々です。
賞品としては例えばサッカー大会などでトロフィーを授与されるのは最高の栄誉とされます。

トロフィーは表彰で貰える物の中でも特に価値があります

表彰される時に貰える物と言えば、一番先に思いつくのが表彰状です。その朗読された表彰状に続いて貰える記念品には色々ありますがそれぞれの位置付けはどうでしょうか。
例えばサッカーや野球などスポーツ大会なら、優勝チームにはトロフィー、準優勝チームには盾が贈られるのを良く目にします。文化事業やイベントなどでも最優秀賞はトロフィーで、それに準ずる優秀賞は盾やメダルが贈られます。
もちろん場合に応じて優勝盾や優勝カップなどが存在し、一概に言えませんが、多くの大会でトロフィーはトップにだけ贈られる物として価値が高いものです。これら記念品にはどのような意味があるのでしょうか。

トロフィーや楯にはどんな歴史があるの

トロフィーの歴史は古く、紀元前16世紀から13世紀の頃の英雄時代や紀元前7世紀から3世紀の古代ギリシア人時代に、敵から奪った戦利品や武器を樫の幹に掛けて戦場に飾って勝利を祝ったのが始まりとされています。そうしてトロフィーは勝者の誇り高き誇示品として金属や大理石で作られるようになり、黄金製の物も登場するようになりました。
カップは敵の頭蓋骨から作られた物が原型とされていて、戦勝祝いとして宝石や黄金で装飾されるようになったものが始まりです。楯は元来戦場で敵の攻撃から身を守る武具であり、戦士としての勇気の象徴を示すものでした。これに装飾品が飾られるようになり勝利の祝いを表すものとして現在の盾になっています。
このように優勝など表彰時に授与される賞品は昔から戦勝を祝う戦利品として価値のあるものだったのです。現在に贈られるトロフィーやカップ、楯などもその意味を継承していると言えるでしょう。

1個からOK! ご相談下さい! 選手たちの汗と努力がいっぱい詰まった思い出のトロフィー・表彰楯・優勝カップのオリジナル彫刻通販を即日対応します。 お客様の表彰にぴったりのトロフィー・優勝カップ・メダル・楯・クリスタルを全国各地へお届けします。 土曜日も営業しています。 彫刻機完備のため文字刻印は即日対応可能。 最短で翌日発送も可能です。 お取引企業様・各種団体様・個人様 15000件以上の実績! ギフト大洋でサッカーのトロフィーを依頼しよう!

ピックアップ記事

トロフィーをサッカー部の思い出作りに

学校の部活や地域のサッカークラブに所属する子供たちは卒業と同時にチームを去らなければいけません。小学校から中学校、さらに高校へと移る度に別れと新しい出会いが生まれます。卒業時に部活メンバーや父兄が出資...

サッカーなど表彰トロフィーに使われている材料

合金である真鍮は反射性があって黄金の輝きを持ち高級感があります。絞り加工や機械加工に優れているのでカップやトロフィーに利用されます。またメッキ処理にて銀色にも出来るので同形状での色分けにも適しています...