サッカークラブの卒団記念のトロフィーにオリジナル刻印を入れましょう

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卒団記念や優秀表彰で贈られる記念品はみな同じ形状の物であっても中身は異なることが大切です。サッカーチームの卒団メンバーにチームロゴや大会名、記念日などを入れて、さらに個人名とチーム名や学校名をデザイン書体で刻印すれば一生の想い出になるでしょう。
トロフィーは量販品ではなくオリジナルな物が好まれます。一個でも数十個でも同様にオリジナルなトロフィーを作れる技術を持ったメーカーもたくさんあります。外観形状はスタンダードでも、デザインスペースにカラー印刷やオリジナル刻印を入れるだけで安価ながら自分たちだけのトロフィーが出来ます。
表彰楯の場合、四角い形状で文字面積が大きく取れるため文字数が多く印字できます。年月日や大会名、チームメンバー全員の名前まで記念として残すことも出来るケースもあります。

卒団の思い出にメダルを作るのもおすすめ

一番安価で親しまれているのが記念メダルです。メダルならコーチや監督がメンバー一人ひとりに首から掛けられるので一段と想いが深まるでしょう。メダルの表面には各種スポーツ競技の独特のデザインが用意されています。一種類の競技の中でもメーカーは色々なデザインを用意しているので好きな絵柄を選べます。
裏面には文字刻印できる面積があり、個人名や卒団年、チーム名など字数限定ですが必要十分な文字数を刻印できます。文字刻印は印刷とは異なり半永久的に残ります。部屋の壁にぶら下がっていたらそれをチラッと見る度に懐かしいチームのメンバーやコーチ、監督を思い出すでしょう。

記念品としてトロフィーを贈りませんか

メダルや表彰楯は形状が円や四角など限られていますが、トロフィーの外観は多種多様です。ベースの上にボールを蹴る選手をデザインすれば一目でサッカー競技のトロフィーと分かります。そのうえ文字や絵柄を描くスペースがあるので、上部のデザインを変えれば文化事業の優秀表彰や会社の永年勤続表彰など様々な用途に使えます。
文字刻印の他にも3dレーザーを使って立体画像を描く技術も進歩しており、カラー印刷も併用して華やかなトロフィーに仕上げることも出来ます。サンドブラストを使った刻印法では微細な絵柄や文字にも対応でき、じっくり拡大しても見劣りすることなく仕上がります。
ベースデザインはメーカーが多くの種類を持っているので、その中から一番良い物を選んで文字刻印スペースに希望の文字や絵柄を入れることでトータル費用を安く抑えることができます。

ピックアップ記事

トロフィーをサッカー部の思い出作りに

学校の部活や地域のサッカークラブに所属する子供たちは卒業と同時にチームを去らなければいけません。小学校から中学校、さらに高校へと移る度に別れと新しい出会いが生まれます。卒業時に部活メンバーや父兄が出資...

サッカーなど表彰トロフィーに使われている材料

合金である真鍮は反射性があって黄金の輝きを持ち高級感があります。絞り加工や機械加工に優れているのでカップやトロフィーに利用されます。またメッキ処理にて銀色にも出来るので同形状での色分けにも適しています...


魅力